i be(アイビー)とは

<i be(イベント含む)の理念>

ibe(イベント含む)は「未病」を軸とした地域活性のために、各分野の活動を先導している個人事業主・グループ・

団体・店舗・企業・市政・県政等と広く連携し、心と身体の健康促進の可能性を広げるための団体であり

「イベント」等の主催を活動としております。

未来に向かって自立できる市民の「種」を育てることを理念とし、この理念の下に「未病」推進活動、心と身体の

健康促進、地域活性のための情報発信の場の継続発展に努める組織として運営しております。 

 

<i be(イベント含む)の考え方>

i beとは

i be(アイビー)は地域活性を目標としたイベント開催を目的として2014年1月に発足した 団体です。

同年3月17日に、海老名市のサンドグラスカフェで開催された「I be*cafe」の参加出店者は14人、協賛は10(店舗、

企業)、来場者は70人(強)でした。その後、ibeは更に拡大を続け、2015年10月までの来場者は800人弱となり、

協賛はのべおよそ180(店舗・企業・個人事業主)と多くの参加者、協賛に拡大しイベント開催に至っております。

後に年10回のイベントを海老名市のサンドグラスカフェで開催、また年に1回、12月には来場者、出店者、協賛者、
i be事務局の垣根を越えて地域交流が行えるように
「i beおとなのXmasパーティー」を開催し、地域のつながりを

より深められる役割への挑戦を続けております。

2016年1月より海老名市扇町のRICOH Future House 4Fに事務局を置き、大小合わせて年7回のイベント、
年4回の薬膳講演会を軸に、様々な「未病予防」に対する発信を行っています。

<i beが実現してきたこと>

これまで2年にわたり、ibeは「未病」というキーワードに着目し、心と身体の健康こそが地域活性への第一歩へと

つながると信じ、活動してきました。その中で様々な影響を地域や 社会に与えてきました。

 

●おうち食医™の千良のり子 国際中医師・国際薬膳師を軸にした、中医学的視点から家庭での養生方法が

海老名市から広がり、中込淳之介市議会議員が海老名市に「未病」と「健康寿命」についての取り組みを提案する

など、市政へも声を挙げることが出来ました。

 

●出店者の質の向上を常に図ってきたことにより、癒し業界へ地に足が着いた施術者やセラピストを普及させる

ことが、徐々に広がりつつあります。

 

●来場者が積極的に「未病」や健康促進について学ぶ姿勢が育っており、地域活性への一歩を踏みだしていると

確信できております。

 

<イベント継続に向けた意志>

i beは「未病」や心と身体の健康促進こそが地域発展につながるという方向性を提示し、共有してきました。

その取り組みが徐々に地域に浸透してきていると自負しております。今後もi beは地域発展に寄り添い、それを

取り巻く環境の変化に対応し、恒久的な継続を目指します。 

<i be事務局>
・阿部亜希子 (副代表、企画、出展者調整、営業)

・川添道子 (会計、SNS、ブログ)

・佐藤尚子 (代表、HP)

・千良のり子 (印刷物、広告営業)
                

所在地:神奈川県海老名市扇町5-7 RICOH Future House4F